スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りに・・・・

ストケシア



本当に暑い日々ゲリラ豪雨とニュース見る度に異常気象 温暖化が進行している様に恐ろしく感じます。
最近は TVで嫌やでも、耳目に気分の悪く成る様な話が・・・・人間性が地に落ちたと嘆きたく様な事件が多すぎる様に哀しい気持に陥ります、バラエティやお笑いの番組が沢山 放映されて皆が喜び受けて視聴率を稼いで居るけれど、倫理観やモラルの教育番組は受けないので、視聴率を重視する局側の意識で切り取られて終うのが現状の様ですね。
昔は良かったですねと言うのを良く耳にしますが・・・・・本当に実感してしまいます。
<ストケシアノ花

嘆きの記事・・・・・
(1)年上を全くといっていいほどリスペクトする慣習がなくなった少しでも自分の能力が高いと分かればタメ口で横柄な態度を取る。
(2)見知らぬ人への親切を仇で返す人が増えた。例えば道路で道を譲っても無反応で割り込みしてきたり。
(3)何もしなくても、赤の他人には取りあえず酷い思いをさせてやろうという考えを感じる。
仲間以外は全て悪党とでも言いたげに、ため息をかけたり、舌打ちしたり。聞こえるように人を指を指して笑ったりする。
  赤の他人が不幸になることを望んでるようにさえ感じる。
(4)少しでも自分に無礼を働いたと感じると、仕返しを図る人間が多い一般の人間や、店の店員すらも平気で悪態をつく人がいる。

(1)は外を歩いていても、職場でも非常に強く感じることです。 職場では特に、能力序列指向が極めて強いです。
私も年功序列には疑問を感じており、能力の高い人間が評価されて然りと考えています。
しかし、度を超えた不遜に近い振る舞いをする人がいます。
私は例え自分より能力が高くても、無礼を働くものではないと考えています。
(2)は他人へ働きかけた親切を仇で返されることが多かったことによります。感謝するべき場面で、無視して平気で立ち去ったりというのが多々ありました。 私が親切の代償を求める陰湿な人間に見えたのでしょうか?
(少なからず、そんな気持ちは一切働きませんでした。)また、相性が合わない人間と関わろうとしない人が多くいるように感じます
(3)は街や人が集まる施設などで強く感じることです。ため息、舌打ち、咳、睨みつける、何もしてないのにされることがあります。
印象に残ってるのが、ファーストフード店で後ろに座った学生たちから聞こえてきた、
「うちらが幸せならそれでいいんじゃない?」という言葉。非常に強い利己主義、自分さえ良ければそれでいいという考えが伝わってきました。
(4)については、そうならないように努力はするのですが、彼らはまるで揚げ足を取るかのように仕返しを図ろうとします。
彼らに何かされたことを、私は一々思い返し、何が悪かったのか、
次はそこを修正しようと考えます。しかし、何かキリがないような部分もあり、むしろそうした努力さえ搾取されてるように感じます。

重要なのは、これらの慣習が大人だけではなく、小中学生、果ては幼稚園児にさえ散見されることです。
どこかでそういう教育が施されてるのでしょうか?
どこかでそういう談合が開かれてるのでしょうか?
皆足並みを合わせたように同じ事をするので非常に不思議です。

2000年を過ぎてから、こういった価値観が広まっていったように感じます。
通り魔事件や、凶悪事件、詐欺事件が長く報道されたからでしょうか?100年に一度の不景気といわれてるからでしょうか?
政治に信頼が持てない時代になったからでしょうか?

彼らは他人にされた何かの仕返しとして無差別に他人に当たってるのでしょうか?
別に彼らをどうこうしたいという思いはありませんが、
彼らも同じ事をされて嬉しいのでしょうか? 私は全然嬉しくありません。
寛大な人間になることは心がけてますが、
忘却や彼らと同じ行動を取ることで疑問を片付けたいとは思いません。

社会において上記のようなものは良い倫理観だとは思いません。
ただあまり社会全体で解決出来そうな問題にも思えないので、
個々人が他人へ配慮や思いやりを少しでも多く行っていければと思っています。

もちろんこれらは私個人が捉えてる特徴なので、そうでない人も大勢います。

びっくりするくらい礼儀をわきまえた大人、子供も多く、また、最近の若い人は能力の高い人が多いように感じます。
積極的で、度胸もあり、発言力もあります。おどおどしません。
彼らは仲間内だと、全ての場合ではありませんが、非常に力になります。

私が人当たりが悪すぎた???ということあるかも知れません。
私が悪かった???部分も多々あるでしょう。
しかし、上のような考慮しても以上のような価値観が社会に蔓延してるのは錯覚ではありません。

私はどちらかというと 考え深の人間なので、 ついつい物事の 悪い面に目を向けがちで、
細かいことも一々気になってしまうタイプです。
それでも、他人よりも自分自身をどうにかするべきだと常々考え、 嫌なことは忘れようと努力しています。

私の社会に対する価値観への批評と、 自分の社会に対して思っていることをお聞きしたいのです。
願わくば、それに対する個人の解決策など信じたい!
スポンサーサイト

勘違い・・・知った被り

青い花のa.jpg
最近 テレビやニュース番組等で・・・『遺品整理』 『遺品整理屋』の商売屋が繁盛する様な話や
ドラマが放映されるのが目に付く様に成った・・・・最初は違和感感じたり・・・よそ事の様に感じて
居ましたが・・・・
高齢化時代 進みまた・・・・都会では『独り住まいが』 老若男女ちは限らずに造花しつつ有る様です・
奈良に3年半程 居住しましたが・・・周辺は3世代同居が常識的で・・・・・
只 屋敷の中の別棟と言う形式や 全く昔風の3世代  最近は個室がありますので・・・・・
玄関 ダイニングキッチン 風呂洗面所 トイレは共同で・・・・就寝部門やプライベートな部分を有する
同居が多く見られた様でした。
全く 独り住まいの人は 3~5軒位の物でした・・・・から  民生委員が独居老人宅に頻繁に訪れ!
驚きました・・・・別の見方からすれば 手厚い保護 福祉的なと言うべきで掌!驚き 迷惑に感じましたが
云い方帰れば 手厚いケアーサービスと言うのでしょうね。
さて 遺品の整理の話に戻りますが・・・・
自分の両親ですら 各社会の親族の関わり合いから 未知の世界の様に 知らない身内が増えて・・・・・
遺品の整理の時に 両親や親族の本当の生前の生き様や姿を知ると言う事に成りようです。
疎遠で無くても それが 今の常識に成りつつ有り・・・・亡き後に その人の本来の姿に接し 生き様を知る
哀しいのか?個人的なプライバシーが尊重された良さと言うべきか理解は出来ませんが・・・・・
それが現代の 家族関係のようです。
親族にすら・・・遺品整理が難問題で・・・・・遺品整理という職業が成立して、繁盛すると言う時代背景が感じられますね。

哀しいのか喜ぶべきかは解らないけれど 個人個人の選ばれた至福の時間の様で・・・・・好まれる時代ですね。

亡くなられて始めて知る本当の人物像 ・・・・・・身近な者でも意外と無関心なのか、始めて知ると言う 結果を遺品整理で
始めて解ると言う結果が生まれる・・・・放送の中で報じて居ました。

黙黙と独りで 自分を生きて親族にも知られずに・・・・自分らしく生きた証しが遺品整理で知られ・・・・・・
至福の時間を過ごした、人となりが漸く 周りに理解される様で・・・・少し 感じ入ってしまいました。

健気な花達・・・・人もそう有るべき

●_sakurasou●_sakurasou2●sakurasou3jpg
最近は 女性が女らしく無くなった様に思います、意見を持ち 発言も良いけれど・・・・・男と女の根本的な違いを忘れて・・・・・
奥ゆかしいとか!清楚とか 優しい と言う言葉が死語に成ってしまった様に思い哀しい思いに成る・・・・只 気が付かない。機転の効かない 頭でっかちの女が多い 男女平等と言っても 根本的に違う事を忘れて居る・・・・・
ストーカーや性的暴力に逢うのも女性です、桜草の花の様に 健気でも 生命力の強い 逞しいさ!・・・・・物想う日々ですが・・・・


サクラソウ(桜草、学名:Primula sieboldii)はサクラソウ科サクラソウ属の多年草。
日本のサクラソウ類の代表で、日本では北海道南部、本州、九州の高原や原野に分布し、朝鮮半島から中国東北部へかけても分布するが、野生の群落をみることはまれになっている。埼玉県と大阪府の県(府)花に指定
江戸時代に育種が進み、数百に及ぶ品種が作られた古典園芸植物でもある[3]。2005(平成17)年時点では297品種を後述の「さくらそう会」が認定している、この中には明治以降の作出品種も含まれる。ニホンサクラソウ(日本桜草)ともいう。 また、サクラソウ属植物は世界中に約400種あり、ホザキサクラソウ(Primula vialii) など一部を除くと花の形や草姿に極端な違いがないので、「サクラソウ」を総称とすることが多い。したがって同属の他種が「サクラソウ」と俗称されることがあり注意を要する。園芸店で「サクラソウ」として売られている植物としては西洋サクラソウ(P. polyanthus)、オトメザクラ(P. malacoides プリムラ・マラコイデス)[5]、トキワザクラ(P. obconica プリムラ・オブコニカなどがあり、本種は少ない。

花の絵を描く・・・・

ajisaijpg-2.jpg●ss●-katakuri蔓日日草の
読書に填まり・・・・以前ほどパソコンに熱中しなくなり・・・・・日々  遣りたいと思う事は沢山有れども・・・根気が薄れた?出足が遅い
等々 理屈を言いながら不精者に成りつつ有る日々  選手観音で無いんだからと姉上に言われた事を思い出す。
でも 結構 自己嫌悪に・・・ストレス貯め・・・・・
年を重ねると言う事は この様な事菜のだろうかと! 独り合点して 慰めている自分が 可笑しいと思います。
一応 健康なのだから まぁ!イイか?と勝手のカー吉です。

随分ご無沙汰・・・・・


IMG_1069.jpg
IMG_1071.jpg
庭のゼラニウムが綺麗に咲いて・・・・梅雨空に明るさを添えて呉れて、嬉しい・・・・身近な人の仏事は暫く続くので、遠距離を
、最近 バロメーターを取る為に漫歩計を身に付けたけれど・・・・・一般に言う 一日一万歩?
そりゃ!無理 ・・・・・奈良行きで5000歩未満 京都行きでも 同じくで 吃驚・・・・
如何に歩いて居ないのか 少し落ち込み気味です。
と 悩める日々  足音のしない 物静かな歩き様は 歩数が反応せずに・・・・・工夫に頭を悩ましながら・・・・・せめて5000歩
頑張ろうと ウオーキングマッシン いるかしらと・・・・・・
プロフィール

  konoha

Author:  konoha
It is my life slowly  Enjoy my life 静かな生活大好き!"
The atelier PIKI Creationで 創造の世界で手作りをする事が、生き様でした。 ジュエリーや、クレイアート、手作りの事ならお任せと繊細な根気の要る仕事が、非常に好きです。自由な発想から生まれる、新しい事に 夢見る世界での手作り静かな生活夢見る日々です...振り返らない!諦め無い!が鉄則な木の葉です。めげずに、日々愉しく充実して居ます。
E-Mail street-leaf @grace.ocn.ne.jp
コピーペーストで貼り付けて下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。